9月5日 東京 ゲームを通じてストレスフルな働き方改革·健康経営から卒業しよう!

『ゲームを通じて、働き方改革や健康経営の本質を体感し、ストレスフルな働き方改革·健康経営から卒業しよう!』

働き方改革、健康経営が大きな着目を集める昨今、ほとんどの組織がなんらかの取り組みを始めています。

しかし、いくつか耳にする事例では、ホワイト500などの認証取得や残業時間の抑制、健康診断の受診率アップなど目先の成果ばかりに着目して、本質的には意識も行動もマネジメントも変わらないままという状況があるようです。

これでは、従業員も管理職も逆にストレスが増えたり、目先の急ぎの仕事だけこなすのが精一杯で本来必要な仕事がおろそかになってしまったりと、本末転倒な悲しい結果になってしまいます。

こうした悲しい事態を少しでも減らすべく、日本健康企業推進者協会(JWCLA)では、健康企業指導員養成講座をはじめ、様々な情報発信を行っています。

http://jwcla.jp

その一環として、今回、日本健康企業推進者協会(JWCLA)様が主催となり、『健康経営ゲーム』の体験会を開催いたします。

 

『日本から、若いうちから健康を損なうような働き方の職場をなくしたい。』

『企業の成長には、従業員の健康コンディションアップが欠かせない。』

という熱い想いから、単に業績を競い合うビジネスゲームと異なり、企業の成長というゲーム勝利の要素に、従業員の健康や組織の健康の概念を取り入れています。

これにより、業績視点と働き方へのケア視点の両立の重要性を体感でき、本質的な働き方改革や健康経営とはどういうものかを身をもって学ぶことができます。

是非一度、このゲームを体感してみませんか?

本セミナーは、JWCLAが開催する健康経営推進者ネットワーク『ウェルネスシティコンソーシアム』の分科会として、コクヨ坂本さんが企画し、JWCLA会員に限らず、なんと無料公開セミナーとして開催できることになりましたので、どうぞご参加ください!

→ お申し込みはこちらから

 

ビジネスゲーム:「健康経営ゲーム」概要

「ビジネスゲーム:健康経営ゲーム」は、健康の定義に沿って、会社運営を擬似的に体験しながら、個人の健康状態が会社の業績に与える影響を実感できる体験型シミュレーションゲームです。

健康経営ゲームのゴールは、現実のビジネスと同様に会社の業績を上げることです。

ですが、それと同時に役職ごとに設定された個別のゴールも達成しなければなりません。

この二つのゴールを達成するためには、最初に与えられた「資金」と「体力」「精神」という「普段見えない健康」といった資源を元手に「プロジェクト」を成功させる必要があります。

しかし、現実同様、個人が持つ資源は有限であり、一人で実現できるプロジェクトは自ずと限られます。

それに気づいた時、自然と健康の重要性とコミュニケーションが生まれ、チームとしてのまとまりを獲得していくのです。

健康経営ゲームを通じて得られた気づきは、職場を健康で豊かなコミュニケーションの場に変える事になります。

「健康経営ゲーム」の基本概念

 

プロジェクトの成否判定

「健康経営ゲーム」の詳細はこちら

 

●日程/2018年9月5日(水)

●時間/15:00〜17:00 (受付開始 14:45)

●会場/コクヨ品川ショールーム5F スタジオ

●住所/〒108-0075 東京都港区港南1丁目8番35号

●交通手段/JR品川駅徒歩6分

●講師/株式会社SUDACHI 小川 順大

●料金/無料

●主催/日本健康企業推進者協会(分科会)

→ お申し込みはこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA